美しさとコラーゲン

コラーゲンの歴史について

コラーゲンはたんぱく質の一種であり、身体の細胞をつなぐ働きをするものです。皮膚や筋肉、骨など全身の組織に含まれているため、人間にコラーゲンは必須と言えるほど、重要な役割をしてくれる成分になっています。 また、美容に関しても重要視されている成分でもあります。体内で作られるコラーゲンは約40%が皮膚に存在しているため、コラーゲンを保ち続けることにより、美肌効果も得られるためです。 コラーゲンが注目を集めてからは、鍋やスープ、栄養剤、ドリンクなど、コラーゲン入りの飲食が人気になっています。また、化粧品では、生コラーゲンというのも注目を集め始めています。より美容に対して意識が高まっている傾向があるので、コラーゲンはこれまでと同様に注目できる成分だと考えます。

生コラーゲンは今後人気が高まる

生コラーゲンと言う言葉は、まだ聞いたことがない方が多いと思います。人間の皮膚組織は、3重のらせんを描くようにして構造されています。生コラーゲンは皮膚組織と同じく、3重らせん構造を保てるようになっています。そのため、肌トラブルを根元から改善できる効果があり、持続力も高いといわれています。 従来のコラーゲンと生コラーゲンの違いは、保湿力の違いが最も大きいことです。従来のコラーゲンの場合は、熱や分解を繰り返すと、らせんが崩壊してしまい、本来ある組織の構造が崩れてしまいます。それに伴い、保湿力も減少してしまいます。 生コラーゲンは、表面積が大きく水分をたくさん吸収してくれるので、より高い保湿力が期待できます。そのため、今後は従来のコラーゲンよりも、生コラーゲンが人気が高くなるのではないかと考えます。